平泳ぎのタイムの基準や評価

水泳の平泳ぎってどのぐらいのタイムで泳げれば速いのか遅いのかといった基準だったり、このぐらいのタイムで泳げればどう評価されるのかを距離別、性別に分けて解説しています。

平泳ぎのタイムの基準及び評価【男女別】【距離別】

※飛び込みあり。短水路プール基準。

25mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに1秒づつ加算して下さい。

例:15秒台→32歳の場合は+1秒なので16秒台、53歳の場合は+3秒なので18秒台としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
11秒台11秒台前半(11秒00~11秒49):世界トップクラス
11秒台後半(11秒50~11秒99):アジア、日本、高校生トップクラス
12秒台前半:中学生トップクラス
後半:女子世界トップクラス
13秒台前半:マスターズトップクラス、女子アジア女子日本トップクラス
後半:学童トップクラス、女子高校生及び女子中学生トップクラス
14秒台とても速いです。女子学童トップクラス
15秒台かなり速いです。市区町村上位~県大会出場レベル程度
16秒台~19秒台速いです。水泳部なら20秒切りを目指したい。選手上がりの方やマスターズの方も。
20秒台20秒台前半:水泳やってるならこのぐらいは出したい。
20秒台後半:30秒切りで平泳ぎ初心者脱出レベル
30秒台30秒台前半:選手では無い水泳人口のほとんどはこのぐらい。30秒台後半:ちょっと遅めの一般スイマーレベル。あおり足を改善しよう!
40秒以上遅いです。平泳ぎ初心者・入門者なら仕方がありません。
平泳ぎは25mを20秒切れれば速いと言われるので水泳部員の方やマスターズスイマーなどの競泳をやっている方なら25m20秒切りを目標にすると良いでしょう。

50mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに1秒づつ加算して下さい。

例:41秒台→32歳の場合は+1秒なので42秒台、53歳の場合は+3秒なので44秒台としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
25秒台世界トップクラス
26秒台前半(26秒00~26秒49):アジア及び日本トップクラス
後半(26秒50~26秒99):高校生トップクラス
27秒台中学生トップクラス
28秒台女子世界トップクラス、マスターズトップクラス。
29秒台学童トップクラス、女子アジア及び女子日本トップクラス。都道府県レベル。
30秒~33秒台30秒台:女子高校生トップクラス、女子中学生トップクラス
31秒台:女子学童トップクラス
34秒~39秒市区町村レベル。マスターズ目標か?
40秒~49秒40秒台前半:一般人スイマーとしては速い。
40秒台後半:まあまあの速さです。
50秒~59秒水泳人口の中でこのぐらいのタイムが一番多く、平均的なタイムとも言える。
1分~1分9秒フィットネスクラブで軽く泳いでいる人レベルです。
1分10秒以上初心者レベルです。
競泳選手でも無い限りは平泳ぎ50m30秒切りは難しいでしょう。35秒程度で市区町村レベル。一般的な水泳部員は50m40秒切りを目指したいところです。40~50秒台の自己ベストが年齢問わず一番多いように思います。長水路の場合は0,5秒~1,5秒ほどをプラスしてください。

100mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに1秒づつ加算して下さい。

例:1分15秒→32歳の場合は+2秒なので1分17秒、53歳の場合は+6秒なので1分21秒としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
55秒台世界トップクラス
56秒台アジアトップクラス、日本トップクラス
57秒台高校生トップクラス
58秒台
59秒台中学生トップクラス
1分~1分9秒都道府県レベル
1分2秒台:女子世界トップクラス
1分4秒台:女子アジアトップクラス、女子日本トップクラス、マスターズ最速レベル
1分5秒台:女子高校生トップクラス、女子中学生トップクラス
1分7秒台:学童トップクラス
1分10秒~1分19秒女子マスターズトップクラス
市区町村上位レベル
1分20秒~1分29秒市区町村レベル。マスターズスイマー、水泳部員が目標としたい。
1分30秒~1分44秒一般人スイマーとしては速い。
1分45秒~1分59秒このぐらいが水泳人口の中で一番多い。
2分~2分29秒フィットネスクラブで軽く泳いでいる人レベル
2分30秒以上初心者レベル
トップクラスの競泳選手と一般人とではタイムに約2倍ほどの差が生じます。長水路の場合は2秒~4秒ほどをプラスしてください。

200mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに2秒づつ加算して下さい。

例:3分2秒→32歳の場合は+3秒なので3分5秒、53歳の場合は+9秒なので3分11秒としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
2分0秒~2分9秒台2分0秒台:世界トップレベル
2分1秒台:アジアトップクラス、日本トップクラス
2分10秒~2分19秒台14秒台:女子世界トップクラス
15秒台:女子アジアトップクラス
16秒台:女子高校生トップクラス
18秒台:学童トップクラス
19秒台:女子中学生トップクラス
都道府県上位レベル。
2分20秒~2分45秒マスターズスイマートップクラス。女子学童トップクラス。都道府県レベル。
2分46秒~2分59秒市区町村レベル。マスターズスイマーが目指したい。
3分~3分45秒一般人スイマーとしては速いほうです。
3分46秒~4分15秒このぐらいのタイムが一番多いです。
4分16秒~5分19秒フィットネスクラブで軽めに泳ぐ人たちぐらいの速さです。
5分20秒以上初心者レベル
距離が長くなるにつれて泳げる人が少なくなってくるのでサンプルの数も少なくなってきますが大体この程度でしょう。ちょっと大まかではありますが大目に見てやってください。長水路の場合は4秒~6秒ほどをプラスしてください。