個人メドレーのタイムの基準や評価

水泳の個人メドレーってどのぐらいのタイムで泳げれば速いのか遅いのかといった基準だったり、このぐらいのタイムで泳げればどう評価されるのかを距離別、性別に分けて解説しています。

個人メドレーのタイムの基準及び評価【男女別】【距離別】

※飛び込みあり。短水路プール基準。

100mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに2秒づつ加算して下さい。

例:1分20秒→32歳の場合は+2秒なので1分22秒、53歳の場合は+6秒なので1分26秒としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
50秒台世界トップレベル
51秒~55秒台51秒台:アジアトップレベル、日本トップレベル
52秒台:高校生トップレベル
54秒台:中学生トップレベル
56秒~59秒台56秒台:女子世界トップレベル
57秒台:女子アジアトップレベル、女子の本トップレベル、女子高校生トップレベル
59秒台:学童トップレベル
1分~1分15秒1分0秒台:女子中学生トップレベル
1分3秒台:女子学童トップレベル
マスターズスイマー目標タイム
1分16秒~39秒水泳経験者の平均レベル
1分40秒~2分このぐらいが平均的なタイム
2分1秒~2分59やや遅めのタイムではあるが平均の範囲内。
3分以上遅いです。

200mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに3秒づつ加算して下さい。

例:2分50秒→32歳の場合は+3秒なので2分53秒、53歳の場合は+9秒なので2分59秒としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
1分50秒以下世界トップレベル、アジアトップレベル、日本トップレベル
分51秒~1分59秒52秒台:高校生トップレベル
55秒台:中学生トップレベル
2分~2分9秒1秒台:女子世界トップレベル
4秒台:女子アジアトップレベル
5秒台:女子日本トップレベル、女子高校生トップレベル、学童トップレベル
7秒台:女子中学生トップレベル
2分10秒~44秒13秒台:女子学童トップレベル
マスターズスイマー、趣味レベル目標
2分45秒~3分35秒経験者の平均的なタイム
3分36秒~4分20秒このぐらいが平均的なタイム
4分21秒~6分29秒やや遅めのタイムだが平均の範疇
6分30秒以上遅いです。
長水路の場合は2,5秒~5秒ほどをプラスしてください。

400mのタイムの基準・評価

※下記の表は18歳から29歳までの評価です。30歳以降は10歳年を取るごとに6秒づつ加算して下さい。

例:5分50秒→32歳の場合は+6秒なので5分56秒、53歳の場合は+18秒なので6分8秒としてカウントして下さい。

秒数レベルの基準や評価
3分55秒以下世界トップレベル、アジアトップレベル、日本トップレベル
3分56秒~4分14秒3分59秒台:高校生トップレベル
4分6秒台:中学生トップレベル
4分15秒~4分29秒18秒台:女子世界トップレベル
22秒台:女子アジアトップレベル、女子日本トップレベル
27秒台:学童トップレベル
28秒台:女子高校生トップレベル
4分30秒~5分47秒31秒台:女子中学生トップレベル
44秒台:女子学童トップレベル
マスターズの目標タイムか?
5分48秒~7分34秒経験者平均タイム
7分35秒~9分9秒このぐらいが平均的なタイムです。
9分10秒~13分39秒遅めですが平均の範囲内です。
13分40秒以上遅いです。
長水路の場合は5,5秒~12秒ほどをプラスしてください。