【中学生】バタフライの平均タイム【距離別、男女別】

このページでは中学生のバタフライのタイムの平均を男子、女子ともに距離別で記載しています。

中学生のバタフライ平均タイム一覧

※条件:飛び込みあり。短水路での計測

25mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
22秒33秒22秒33秒
20秒30秒21秒531秒5
19秒27秒21秒30秒
バタフライはクロールの次に速い泳法なので結構速いタイムが出ます。中学校1年生から中学校3年生まで男子は3秒ずつ速く、女子は1,5秒ずつ速く推移します。因みに、トップクラスはストップウォッチでの計測で10秒、11秒が出ます。

50mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
46秒1分9秒47秒1分10秒
41秒1分3秒44秒51分6秒
40秒57秒43秒51分3秒
バタフライの50mを略して半バッタ。本気で半バッタを泳ぐと結構キツいんですよね。なにせ一番体力の消耗の激しい泳ぎ方なので致し方ありません。中学1年生から中学2年生にかけてタイムがとても速くなります。これは二次性徴に伴い筋力が増えるからです。また、女子とのタイムの差も広がってきます。これも筋力の性差が関係しています。因みにバタフライ50mの中学トップクラスは男子が24秒前後で女子が26秒前後です。

100mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
1分41秒2分32秒1分43秒2分34秒
1分30秒2分19秒1分38秒2分25秒
1分28秒2分5秒1分36秒2分19秒
バタフライは消耗の激しい泳法なので100mを本気で泳ぐと半分ぐらいでスタミナ切れを起こしてしまうのでペースの配分に気を配りたいものです。未経験者は多分このペース配分がうまくいかず途中で失速して速いタイムが出ないのではないでしょうか。因みにバタフライ100mの中学トップクラスは男子が52秒前後で女子が56秒前後です。

200mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
3分41秒5分33秒3分45秒5分37秒
3分17秒5分4秒3分35秒5分17秒
3分15秒4分34秒3分30秒5分4秒
水泳未経験者が200mもバタフライで泳ぎ切れるのか?数は非常に少なそうですが仮に泳げたとしてもペース配分が分らずに途中で失速する事になると思います。こうして平均タイム表を見てみると経験者と未経験者の差が明らかですね。因みにバタフライ200mの中学トップクラスは男子が1分55秒秒前後で女子が2分5秒前後です。