【中学生】クロールの平均タイム【距離別、男女別】

このページでは中学生のクロールのタイムの平均を男子、女子ともに距離別で記載しています。

中学生のクロール平均タイム一覧

※条件:飛び込みあり。短水路での計測

25mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
20秒23秒21秒24秒
18秒20秒519秒522秒
17秒520秒19秒22秒
小学生の頃は男子も女子もほぼ同じぐらいのタイムでしたが中学生になると徐々に差が開いてきます。とは言ってもまだ大きな差ではありません。

50mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
43秒49秒44秒49秒
38秒41秒41秒44秒
37秒541秒40秒44秒
男子も女子も中学1年生から中学2年生にかけての成長がタイムに与える影響は大きいです。経験者で速い人は30秒切りは勿論のこと、25秒台の自己ベストを持つ者も現れます。女子の場合でも30秒切りが現れてきます。

100mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
1分34秒1分47秒1分36秒1分47秒
1分23秒1分29秒1分29秒1分36秒
1分22秒1分29秒1分27秒1分36秒
これはスイミングスクールに通っているなど日ごろより泳いでいる人ならわかるかもしれませんが中学二年生になって急にタイムが速くなったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか?また、中学校の水泳の授業だけしか受けていない未経験者でも速い人は速いんですよね。

200mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
3分25秒3分53秒3分29秒3分53秒
3分1秒3分14秒3分14秒3分29秒
2分58秒3分14秒3分10秒3分29秒
未経験者でも速い人は速いのすですが200mともなってくると雑な泳ぎ方のフォームでは途中で減速してしまい、思うように速いタイムは出ません。前半飛ばしすぎて後半残り100m持たないというパターンも未経験者ならばあり得ます。

400mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
7分17秒8分16秒7分25秒8分16秒
6分26秒6分53秒6分53秒7分25秒
6分19秒6分53秒6分48秒7分25秒
水泳の400mは中距離に部類される距離なのでペース配分を心得ておかないと難しいでしょう。経験者であればどうってことない距離ですが未経験者にとっては一度で泳ぐには結構長い距離だと感じるのではないでしょうか。フォームのコツを知らないと雑な泳ぎ方になって400mも続けて泳ぐことは難しいかもしれませんね。

800mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
15分9秒
17分12秒15分26秒17分12秒
13分23秒14分19秒14分19秒15分26秒
13分8秒14分19秒14分7秒15分26秒
800mをぶっ続けで泳げるという方のほとんどは水泳経験者ではないでしょうか。未経験者だと効率の悪いフォームになってしまいがちなのですぐにエネルギーロスが来てスタミナ切れ。800mを泳げる未経験者はかなり少ないでしょう。しかし一応泳げると仮定して平均タイムを割り出すのであれば大体このぐらいが妥当でしょう。

1500mの平均タイム

学年男子の平均(経験者)男子の平均(未経験者)女子の平均(経験者)女子の平均(未経験者)
28分31秒32分27秒29分7秒32分27秒
25分10秒27分0秒27分0秒29分7秒
24分52秒27分0秒26分23秒29分7秒
1500mを泳ぎ切る事は未経験者にとってはかなりハードな事に思えるかもしれませんが経験者にとっては朝飯前です。ただ、ペース配分をわきまえておかないと厳しい距離なのでさすがの経験者でも序盤から飛ばすような愚かな真似はしないでしょう。未経験で1500mを泳ぎ切れるという方は稀な存在かもしれませんが一応平均タイムを算出するとこのぐらいが妥当だという目安として考えてください。